<   2009年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

09.3月30日(月)千客万来の起爆剤

開店祝いのお花のご依頼をいただきました。
b0137657_21361289.jpg

お話を伺ったとき、よくある開店祝いのスタンド生花とは
ひと味違ったもののほうが、喜ばれるのではないかと思い
ディスプレイとして後々まで使えるような
アートフラワーのアレンジはいかがでしょうか?と
ご提案いたしました。
b0137657_21363577.jpg

明るく元気なイメージでインパクトの強い
華やかなものがよいと思いましたが
人が動き回るお店のディスプレイなので
邪魔にならないよう、あまりスペースを必要としない
コンパクトな自立型アレンジが最適ではないかと考えました。
b0137657_21371163.jpg

お店のホームページを拝見して
ロゴやページで多用されている色が茶~オレンジ系のようでしたので
お花のテーマカラーもオレンジ色に決めました。
b0137657_21373445.jpg

イメージを具体化して行くうちに
どっと人が押し寄せる→爆発的人気→爆弾・・・
・・・といった連想が浮かび、その結果
球形のオブジェが完成しました。
支えるアンティーク調の白いスタンドは
シンプルですが、とてもお洒落な雰囲気です。
b0137657_21375825.jpg

新しくお店をオープンされた方へのエールとして
オーダーいただきましたので
そのお客さまのお気持ちを伝えるべく
千客万来の起爆剤となることを願って制作いたしました。

ご注文、ありがとうございました。
オープンされたお店のご繁盛・ご発展をお祈りいたします。

▼ 「花友」探しなら コ コ
にほんブログ村 花ブログ 生け花・フラワーアレンジメントへ
▼ お花情報やスクール探しなら コ コ
フラワーアレンジメントナビゲーターblogランキング
ランキングにも反映されます。ありがとうございます。
[PR]
by hanamichiru | 2009-03-30 21:41 | 花・植物

09.3月27日(金)桜リース

和風のような洋風のようなリースです。
b0137657_20275083.jpg

そのはかなさが、美しさを一層引き立たせる花・・・桜。
b0137657_20325448.jpg

ピンクが強い八重桜も加えました。
ソメイヨシノよりずっと後に開花する八重桜も
ほんとに、鈴なりに花をつけて可愛いですよね♪
b0137657_20331645.jpg

実際の開花時期が違っても、アートフラワー(造花)なら
この通り、一緒に飾れます。

▼ 「花友」探しなら コ コ
にほんブログ村 花ブログ 生け花・フラワーアレンジメントへ
▼ お花情報やスクール探しなら コ コ
フラワーアレンジメントナビゲーターblogランキング
ランキングにも反映されます。ありがとうございます。
[PR]
by hanamichiru | 2009-03-27 20:34 | 花・植物

09.3月25日(水)2階建てアレンジ アートバージョン

いつも生花に使っているケーキスタンドをベースに
アートフラワー(造花)バージョンのアレンジを作ってみました。
b0137657_11411590.jpg

春らしいアレンジとのオーダーを承っていましたので
少し淡い色調の春の花々とスモーキーなグリーンをあしらいました。
b0137657_11412127.jpg

グリーンの名称ですが、ペペロミアとペペロニア
両方の標記があるみたいですね。
観葉植物として人気で、すごく種類の多い植物のようです。
b0137657_1141455.jpg

ご注文、ありがとうございました。

P.S 家族の入院だの手術だのの話が浮上していて
   ちょっと周囲がざわついております。まだ、詳細は未定ですが・・・
   家族の病気とうまく付き合っていかねば・・・ちょっぴり近況です。
   ガンバレ、私!(笑)

▼ 「花友」探しなら コ コ
にほんブログ村 花ブログ 生け花・フラワーアレンジメントへ
▼ お花情報やスクール探しなら コ コ
フラワーアレンジメントナビゲーターblogランキング
ランキングにも反映されます。ありがとうございます。
[PR]
by hanamichiru | 2009-03-25 11:46 | 花・植物

09.3月22日(日)歩けるようになっちゃうかもよ

10ヶ月ほど前、兄を我が家に迎え入れ
在宅介護をスタートさせました。
b0137657_12512815.jpg

いまも時々思い出すのは
最初に行政や業者、福祉関係の方々が集まり
兄の介護プランの話し合いをしたときの光景です。

うちに来たばかりの兄は、まだ車椅子も借りていませんでしたので
ベッドを背もたれにして両脇にクッションを入れ
身体を固定してもなお、同じ姿勢を保てず、横に傾いていってしまい
身動きひとつ自分の思い通りにならない状態でした。

その兄の様子とこれから介護を担っていく母と私を
交互に見ながら、行政担当の方が
話の相槌を打つ代わりに、その都度ため息をつく姿が
とても印象的でした。
私と母はそんなに無謀なことを始めようとしているのか?
・・・そう思わずにはいられない光景でした。
実際、それは当たっていないわけではありませんでした。
私たち家族の介護に対する読みが甘かったことを
後々、何度も思い知らされることとなりました。
b0137657_1252367.jpg

それでも、兄はリハビリを重ね
私たちも日常の所作をできる限り本人に任せるよう、忍耐強く見守り
マッサージや針治療を受けさせ・・・。
その結果、できることが一つひとつ増えていきました。
いまもそれは進行中で、細かい日常の動作に色々と挑戦中です。

一番、劇的な変化は介護用のバーに摑まってですが
兄が床から自力で立ち上がったことでした。
それを見た瞬間、私は身体の奥底から
何かが込み上げてくる感覚を必死でおさえて
兄の安全を確保してから、2階に駆け上がり
こらえていたものを一気に解き放ちました。
声にはなりませんでした。
大きく肩を降ろし、息を吐いたと同時に
涙がボロボロこぼれました。

まさか、立てるようになるとは思わなかった・・・。
驚きが感動に変わりました。
でも、自分でも泣くなんて思っていなかったし
なぜか兄にそんな様子を悟られたくなかったので
逃げるように2階に上がったのでした。
b0137657_12523571.jpg

以前、打ち合わせで、ため息をついていらした方が
何ヶ月ぶりかに兄の様子を見たとき
目を見張り、信じられないという様子で
「随分、回復されましたねぇ」と何度も感心されたそうです。
(そのとき、私はその場に居合わせなかったのですが)

兄と私は、毎日症状の悪化と回復の追いかけっこをしているようです。
けれど、私はしょっちゅう兄にこう言います。
「可能性があるって凄いよね~。もしかして歩けるようになっちゃうかもよ」

そう、もしかして・・・。もしかすると・・・。

※写真は、渋めの色合い、グリーン系のコサージュです。

▼ 「花友」探しなら コ コ
にほんブログ村 花ブログ 生け花・フラワーアレンジメントへ
▼ お花情報やスクール探しなら コ コ
フラワーアレンジメントナビゲーターblogランキング
ランキングにも反映されます。ありがとうございます。
[PR]
by hanamichiru | 2009-03-22 12:57 | 介護

09.3月20日(金)キャラメルアンティークとギザギザラナン

春色をパッチワークで繋いだようなアレンジです。
b0137657_11183726.jpg

美味しそうな名前のキャラメルアンティーク。
小さな蕾から、びっくりするくらい大きく開花したラナンキュラス。
レモンイエローの花びらがカーネーションのように
ギザギザになっています。カワイイでしょ?
優しいやさしい色合いの花びらいっぱいのガーベラ。
b0137657_1119110.jpg

今日はそれぞれの花材をズームアップしてみました。

キャラメルアンティーク、ネーミング秀逸です!
咲き加減で色が変化するので、時間の経過も楽しめます。
b0137657_11192937.jpg

レモンを絞った瞬間のようです。キュートなラナン♪
b0137657_11195871.jpg

優しいお姉さん(?)のようなガーベラ。
元気なみんなのそばで、静かに微笑んでいるイメージ。
b0137657_1120259.jpg

今回はアイビーもイエロー系を用意しました。
b0137657_11205132.jpg

なんだか、生憎のお天気ですが
このアレンジが元気の素となってくれますように。
Rさま、毎度(笑)ありがとうございました♪

▼ 「花友」探しなら コ コ
にほんブログ村 花ブログ 生け花・フラワーアレンジメントへ
▼ お花情報やスクール探しなら コ コ
フラワーアレンジメントナビゲーターblogランキング
ランキングにも反映されます。ありがとうございます。
[PR]
by hanamichiru | 2009-03-20 11:27 | 花・植物

09.3月19日(木)新作コサージュ(とショートステイ報告)

コサージュも作り続けています。

生花の新種・新色が発売されると
それを追っかけるようにアートフラワーでも
似た感じの花が出てきます。
上手に似せるもんだなぁ、と感心します。
b0137657_14424890.jpg

いままでにも何度か書いていますが・・・
カーネーションは、ほんとに生花も造花もカラーバリエーションが豊富です。
上のはサーモンピンクです。
3月12日にも同じ花のコサージュが掲載されていますが
今日のほうがバージョンアップしてます。おまけに、ケースも付けちゃいました。
b0137657_1443144.jpg

あと、ダリアとラナンキュラスです。
b0137657_14434413.jpg

b0137657_1444948.jpg

このベースはマム(菊)です。
b0137657_14443820.jpg

話は変わって・・・
先日、二回目のトライで、兄がショートステイ体験をしてきました。
今回はいつもデイケアでお世話になっている施設でしたので
まんざらでもなかったようです。
期間中、リハビリも受けることができたようですし
顔見知りのスタッフの方たちが
入れ替わり、立ち代わり様子を見に来てくださったそうです。

色々、よくして頂いたようで
私も母もほっと胸を撫で下ろしました。
スタッフの皆さん、ありがとうございました。

前回のショートステイのとき
ご心配くださった皆さん、おかげさまで
二回目は、特段嫌な思いもせず、無事戻ってまいりました。
ありがとうございました。

▼ 「花友」探しなら コ コ
にほんブログ村 花ブログ 生け花・フラワーアレンジメントへ
▼ お花情報やスクール探しなら コ コ
フラワーアレンジメントナビゲーターblogランキング
ランキングにも反映されます。ありがとうございます。
[PR]
by hanamichiru | 2009-03-19 14:47 | 花・植物

09.3月18日(水)悲しみを乗り越えるために

今日の写真は、四十九日法要のお供え花です。
b0137657_18533765.jpg

大切な人を亡くすという経験を
一生、避けて通れる人は、ほとんどいないと思います。
b0137657_191234.jpg

ぽっかり開いた心の傷を癒すのに
やはり「時間」は優しく強い味方になってくれるはずです。
b0137657_18543596.jpg

節目、節目に法要をするのは
亡くなった方のためであると同時に
深く嘆き悲しみ、傷を負った人たちの再生の効果もあると
聞いたことがあります。
b0137657_18545720.jpg

愛していた分、悲しみは深いでしょう。
時間をかけ、ゆっくりと悲しみを手放していくための儀式。
「時間」の流れに、時々「花」を添えて、亡くなった方と向き合う・・・。
そのとき「花」は大切な人への「思い」であり「言葉」なのだと思います。

▼ 「花友」探しなら コ コ
にほんブログ村 花ブログ 生け花・フラワーアレンジメントへ
▼ お花情報やスクール探しなら コ コ
フラワーアレンジメントナビゲーターblogランキング
ランキングにも反映されます。ありがとうございます。
[PR]
by hanamichiru | 2009-03-18 19:02 | 花・植物

09.3月16日(月)神様、あまりに残酷過ぎます

お花の仕事をしていると、幸せなシチュエーションばかりでなく
辛く悲しい場面やお気持ちに接することもよくあります。
けれど、今回の件は、これからも心に残るであろう
切なく悲しい花贈りとなりました。
b0137657_17525036.jpg

入院生活を送っていらっしゃる、ご主人さまに
奥さまが、お二人の結婚記念日のお祝いとして
お花をオーダーくださいました。
辛く苦しい病と闘っているご主人さまのお気持ちが
少しでも安らぐように、病室に春らしい花を
飾りたいとのことでした。

私は、鮮やかな春を代表する花を集めて
病室の白っぽい風景の中、ひときわ華やかに
気持ちが明るくなるようにと、ピンク~レッド系のアレンジを
早速、作り上げました。
b0137657_17532495.jpg

それなのに・・・発送待ちしているさなか
ご主人さまの訃報を知りました。
とてもショックを受け、悩みに悩んだ末
奥さまに、お悔やみと今回はキャンセルしていただいても
構いませんという旨をしたためたメールをお送りしました。
b0137657_1754959.jpg

奥さまからのお返事は
当初の予定どおり送ってください、ということでした。
「結婚記念日は家で静かに二人で祝いたい」という言葉に
私は涙を抑えることができませんでした。

特別に信じている宗教が、あるわけでもないのですが
「どうして、どうして神様はこんな残酷なことをなさるんでしょうね・・・。」と
私の返信のメールに思わず、神様という語句が出てきました。

兄を見ていてもよく思うのですが
「病が病を手繰り寄せる」・・・そんな気がします。
一人の人を病が叩きのめす、これでもか!というくらいに。
例えば、何万人に一人の確立で発症・・・そんな表現がありますが
ご本人は「その一人になぜ自分が選ばれたのか?」と
ずっと問い続けられたことと思います。
b0137657_17544876.jpg

奥さまのお気持ちがこもった、春のアレンジを
ご主人さまにも手に取っていただきたかった・・・。
でも、きっとご夫婦揃ってご覧いただけたと信じています。
そして、このアレンジの次の役割として
奥さまとご子息さまに、本物の春を呼び寄せるようにと
願いを込めて、お送りしました。
b0137657_17551761.jpg

病床で毎日見ても飽きが来ないようにと考え、どの角度からも
違った表情が見えるよう、360°変化をつけてお作りしました。
末筆となりましたが、あらためてご冥福をお祈りいたします。

▼ 「花友」探しなら コ コ
にほんブログ村 花ブログ 生け花・フラワーアレンジメントへ
▼ お花情報やスクール探しなら コ コ
フラワーアレンジメントナビゲーターblogランキング
ランキングにも反映されます。ありがとうございます。
[PR]
by hanamichiru | 2009-03-16 18:02 | 花・植物

09.3月14日(土)繭(まゆ)のように優しい方

いつもウェブ上で泣かされております方から
お花のオーダーをいただき、制作・発送いたしました。

泣かされている・・・は人聞きが悪いですね(笑)。
泣かされていると言っても
いつも、いつも優しい言葉をかけてくださり
つい、うるうると感激してしまう、という意味です。
b0137657_14311259.jpg

ほんとうに、いままで、どれだけ元気づけていただいたことでしょう!
そのご恩に報いたくて、可愛くて見ていて幸せな
気分になれるお花を作ろうと心に決めて臨んだのが
写真のアレンジです。
b0137657_14314130.jpg

直接お会いしたことはないのですが
私の中で、その方のイメージはできあがっていて
それを、アレンジで表現しようと思いました。

とても優しい、その方のことを考えると
温かく包んでくれる繭(まゆ)が頭に浮かんでくるのです。
そこで、選んだ花材は、ころんとしたラナンキュラス。
そして、やはり蕾がミニミニサイズの繭を連想させる
純白のアリウム・コワニー。
ラナンキュラスは少しずつ、変化のある微妙な色合いが
まるでカラフルなコットンボールのようにも見えました。
b0137657_1432778.jpg

全体的な色合いは優しく、でもメリハリがなくならないように
ビビッドなピンクのガーベラもポイントに入れ
コワニーの純白の合間にビビッドピンクが透けて見えるような部分も作り
仕上げは、パールのピックをトッピングして軽い動きをつけました。
b0137657_14323340.jpg

早速、ご自身のブログでも、このアレンジを
ご紹介くださっているので、リンクさせていただきます。
こちらです↓
http://yasukon20.exblog.jp/8061411/

ありがとうございました。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
その優しさ故に、ご自身の骨身を削られるのではないかと
いつも心配しております。ぜひ、御身にも優しさを!

P.S 本日はあまりの悪天候のため、出店を予定していたフリマは中止となりました。

▼ 「花友」探しなら コ コ
にほんブログ村 花ブログ 生け花・フラワーアレンジメントへ
▼ お花情報やスクール探しなら コ コ
フラワーアレンジメントナビゲーターblogランキング
ランキングにも反映されます。ありがとうございます。
[PR]
by hanamichiru | 2009-03-14 14:36 | 花・植物

09.3月12日(木)介護と育児の決定的な違い

子供を育てたことのない私が、介護に携わるようになって
「なるほど、育児中のお母さんと似ているなぁ」と
思うことがしばしば、あります。
b0137657_12324194.jpg

例えば・・・
勤めに出られない。
自分のペースで生活できない。
本人ができるまで忍耐強く待つ、などなど。
介護しかり・・・です。
b0137657_1233516.jpg

特に身体の不自由な兄は、身辺自立的には
2~3才児くらいの能力になると思いますので
母親になったことのない私が、育児の疑似体験を
しているような感じがするのも無理のないことと思います。
b0137657_12332678.jpg

朝起こして、着替えをさせて、洗面、食事、服薬
トイレ、昼食、夕食、就寝まで
完全に一人でできることは、残念ですがひとつもありません。
育児との共通点は実に多いのだろうと思います。
b0137657_12335443.jpg

ただ、介護と育児の決定的な違いは・・・
育児の場合は、子供の成長に伴い
だんだん手間が、かからなくなっていくのに比べ
介護は逆にいつまで続くか先が見えず
本人の老化や衰えによって、介護者の負担が
だんだん重くなっていく可能性が高いこと。

そして、子供の成長は大変な思いをした分
達成感と喜びを感じられ、将来への希望や楽しみがあるのでしょうが
介護の場合、時間の経過による重症化の不安や
介護する側される側の将来・・・例えば
私の場合、老人介護ではなく年齢があまり離れていないので
どちらが先に亡くなるか? そんな心配さえ頭に浮かびます。
b0137657_12342813.jpg

あ~っ! それとほんとに決定的に違って
変えようがないのは、私は母でなく妹だということです。
これは、全然違いますね。
実際、母にできて私にはできないことが色々あります。
そんな時、見ていて母の愛は偉大だと思います。
いくつになっても兄や私を赤ちゃんから
育て上げてくれたことの大きさ、重さを思わずにはいられません。

すいません。また重い展開になってしまいましたが
文章にすると現実を客観的に分析できるので
自分にとって、そんなに悪いことではないのです。

写真は、フリマにも出そうと思っているコサージュです。
中には、すでに売れてしまっているものもありますが
まだまだ、たくさん種類があります。

▼ 「花友」探しなら コ コ
にほんブログ村 花ブログ 生け花・フラワーアレンジメントへ
▼ お花情報やスクール探しなら コ コ
フラワーアレンジメントナビゲーターblogランキング
ランキングにも反映されます。ありがとうございます。
[PR]
by hanamichiru | 2009-03-12 12:39 | 介護