09.9月1日(火)家の中で遭難するということ

兄がこの数日間で、たて続けに二度転倒しました。
二度ともトイレの中で起こった事件でした。

二度目はさほどでもありませんでしたが
最初の転倒では、顔面を強打し
出血を伴う擦り傷と顔の4分の1くらいの範囲の
あざができてしまいました。

四肢と視力に障害のある兄にとって
トイレは危険がいっぱいです。
b0137657_21572833.jpg

我が家のトイレの内部には
アスレチックジムと見間違うような
ポールやバーなどの介護機器を設置して
兄は、長い期間の練習を経て、やっとつかまり立ちして
自分でトイレに入れるようになったのです。
ところが、いかんせん不自由な身
時にはサポート用の介護機器でさえ
身体をぶつけたり、引っ掛けたりなどして
凶器に変わる場合があります。

トイレだけでなく、気がつくと自室の床に倒れているときや
ベッドとデスクの間に、車椅子ごと、はまってしまい
身動きが取れなくなってしまうときもあります。

家の中での遭難・・・
ものが落下するような大きな音がしたり
兄の助けを呼ぶ声が聞こえたとき
冷や水を浴びせられたような気分で
一目散に音や声のするほうへ駆け付け
声をかけ、状態を確認し、動かしても
大丈夫なようなら助け起こします。

いざ、という時には「救急車を呼ぶ!」と
普段からいつでも「119」をコールできるよう
心の準備をしてあります。
b0137657_21575958.jpg

一番心配なのは、もし兄が家で一人きりのときに
こういった事故が起こった場合です。
不測の事態に対処の遅れが重なった場合
大げさでなく、生命に関わることになるかもしれません。
それを考えると、なかなか兄を一人残して
外出することができません。

いつも、あまり上手く説明できないのですが
私の外出に、どうしても制限ができてしまう理由のひとつは
上のような事情によるものです。

※写真は、実ったタネが重くて一斉にお辞儀をしているような向日葵たち。
 なんかユーモラスな光景でした。秋ですね♪

▼ 「花友」探しなら コ コ
にほんブログ村 花ブログ 生け花・フラワーアレンジメントへ
▼ お花情報やスクール探しなら コ コ
フラワーアレンジメントナビゲーターblogランキング
ランキングにも反映されます。ありがとうございます。
[PR]
by hanamichiru | 2009-09-01 22:04 | 介護
<< また、ブログ村さんのデータが更... 09.8月29日(土)なんてお... >>