09.3月18日(水)悲しみを乗り越えるために

今日の写真は、四十九日法要のお供え花です。
b0137657_18533765.jpg

大切な人を亡くすという経験を
一生、避けて通れる人は、ほとんどいないと思います。
b0137657_191234.jpg

ぽっかり開いた心の傷を癒すのに
やはり「時間」は優しく強い味方になってくれるはずです。
b0137657_18543596.jpg

節目、節目に法要をするのは
亡くなった方のためであると同時に
深く嘆き悲しみ、傷を負った人たちの再生の効果もあると
聞いたことがあります。
b0137657_18545720.jpg

愛していた分、悲しみは深いでしょう。
時間をかけ、ゆっくりと悲しみを手放していくための儀式。
「時間」の流れに、時々「花」を添えて、亡くなった方と向き合う・・・。
そのとき「花」は大切な人への「思い」であり「言葉」なのだと思います。

▼ 「花友」探しなら コ コ
にほんブログ村 花ブログ 生け花・フラワーアレンジメントへ
▼ お花情報やスクール探しなら コ コ
フラワーアレンジメントナビゲーターblogランキング
ランキングにも反映されます。ありがとうございます。
[PR]
by hanamichiru | 2009-03-18 19:02 | 花・植物
<< 09.3月19日(木)新作コサ... 09.3月16日(月)神様、あ... >>